船舶の省エネ装置・プロペラボスキャップフィンズ

  • Environmental technology

    環境技術への挑戦

    PBCFの「eco」を通じて社会に貢献しています

    PBCFは環境技術へ

    年間9,000トン/隻のCO₂排出量を削減

    年間9,000トン/隻のCO₂排出量を削減

    30年以上にも渡って導入されてきたPBCFは、船舶の燃料消費量を削減することが認められており、大型コンテナ船では年間9000トン以上ものCO₂排出量を削減します。CO₂排出規制の動きが加速される中で、改良型PBCFは、更なる省燃費及びCO₂削減を実現できる省エネ装置です。

    port of vancouver

    カナダ・バンクーバー港の“EcoAction Program”指定技術に選定

    カナダのバンクーバー港が実施している環境保全プログラム “EcoAction Program”における水中騒音低減技術に選定されました。“EcoAction Program”は、環境負荷を低減する設備・装置を装備した入港船について港費を割引く制度で、2017年1月以降にPBCF搭載船が入港する場合はブロンズレベルと認定され、港費の一部である入港税が減免されます。PBCFは省エネだけでなく、水中騒音を低減することでクジラなどの海洋生物の環境保護にも有効な、多角的に環境保全に貢献をする製品です。

    日経地球環境技術賞

    「日経地球環境技術賞」優秀賞受賞

    2017年10月に、日本経済新聞社が選定する日経地球環境技術賞の優秀賞を受賞しました。3,200 隻超の販売実績を誇る地球環境保全への取り組み、販売開始から30年経過した現在も開発を継続してきた「飽くなき挑戦」が評価されました。

    グリーンアウォード・プログラム

    クオリティ・シッピング促進の
    「グリーンアウォード・プログラム」に参加

    2019年2月より、グリーンアウォード財団が推進する海洋環境保護プログラムに、インセンティブプロバイダーとして参加しました。環境負荷低減や安全運航に寄与する優良船舶をグリーンアウォード財団が認証し、当社がその船舶にプロペラ装着型省エネ装置「PBCF」を優遇価格で販売することにより、インセンティブを与え環境負荷低減を後押しします。

    詳しくはこちら

    GREEN MARINE PARTNER

    Green Marineが運営する環境プログラムにパートナーとして協賛

    Green Marineは北アメリカの海事産業界において任意の環境認証スキームを実施している環境団体です。同スキーム参加企業や団体に対し、水中騒音等の環境負荷低減に関する具体的な施策を実行することを奨励しています。PBCFはGreen Marineの考え方に賛同し、パートナーとして協賛することにより低環境負荷船の普及活動を支援します。

    今もなお、進化し続ける

    「Simple & Tough」-PBCF-

    Propeller Boss Cap Fins(PBCF)は㈱商船三井、㈱西日本流体技研、ミカドプロペラ㈱(現・ナカシマプロペラ㈱)の3社が開発しました。現在は商船三井テクノトレード㈱が販売を行い、また㈱商船三井、㈱三井造船昭島研究所との3社で共同研究を進め、進化を続けています。商船三井グループは今後も世界各地・各港の環境保全に寄与していくと共に、「船舶維新NEXT ~MOL SMART SHIPプロジェクト~」を通じて、“安全航行”と“環境負荷低減”技術を深化させていきます。