船舶の省エネ装置・プロペラボスキャップフィンズ

  • COLUMN

    コラム

    省エネ

    風力推進補助装置 ROTOR SAIL のご紹介

    当社が代理店契約を締結しました、ノースパワー社の風力推進補助装置「ROTOR SAIL」をご紹介します。

    ご関心がありましたらpbcf@motech.co.jpまでお問合せください。

    自然エネルギーを活かすGHG削減の対策として 、省エネ装置“ROTOR SAIL”をご紹介します。

    ROTOR SAILは、フレットナー・ローターを基にした風力を利用する推進補助装置で、ノースパワー社によって開発されました。現在3隻の船舶に導入され、順調に稼働、非常に効果の高い燃料削減性能を実証しています。

     

    sample

    ROTOR SAIL とは

    ノースパワー社のROTOR SAILはより洗練された推進補助装置であり、燃料消費量とCO2の排出量を減らすことができます。マグヌス効果を利用しており、船舶に取り付けられた回転中のローターに風が吹き込むことで、ローター周りに圧力差が生じ推力を得ます。自然エネルギーを電気等に変換しないので、高い推進効率が得られる特徴があります。 この推力は風向に対して直角に発生するため、ローターの回転方向を変えることによって常に(船首尾方向の風以外)船舶の進行方向に推力を与えることができます。そのため、船舶の推進に必要な推力及び馬力が減少し、燃料消費量とCO2の排出量が削減されます。船種、風の状況、航海期間、搭載したROTOR SAILの本数などによりますが、おおよそ5~20%削減できます。

    sample
    sample

    ・マグナス効果により、回転ローターに吹く風から揚力(LIFT)を発生させる。(左図)

    ・ROTOR SAILの揚力発生により、前進方向へ推力を得ている。(右図)

    ノースパワー社のROTOR SAIL搭載船の実例紹介

    1. Estraden (RO-RO船):2014年ROTOR SAIL搭載での運航開始、18×3サイズを2本搭載。
    2. Viking Grace (客船):2018年4月ROTOR SAIL搭載での運航開始、24×4サイズ1本搭載。
    3. Maersk Pelican(タンカー):2018年8月ROTOR SAIL搭載での運航開始、35×5サイズを2本搭載。
    sample
    sample

    ・Bore社 Estraden - RO-RO船(左図)  &  Viking社 Viking Grace - 客船(右図)

    上記3隻の燃料消費量削減効果をロイド 等第3者機関が測定し、解析した結果が以下の通りです。

     

    次の導入プロジェクト

    Scandlinesが所有するハイブリットフェリーCopenhagenに、ROTOR SAIL搭載4隻目として導入される予定です。導入される30×5サイズのROTOR SAILは、4~5%ほどの省燃費及びCO2削減が期待されています。

    船級規則及び承認

    各船級協会では、風力による推力補助装置の設計及び運用についてのガイドラインを設けており、ロイド船級協会ではノースパワー社のROTOR SAILを導入した3隻の船舶を承認しました。また、DNV GLは最も大きい30×5サイズのROTOR SAILに対して、型式認証を発行しました。ノースパワー社は、適用される規則と必要条件の順守を確保するため、船級協会と協力しています。

    ROTOR SAIL導入による船舶の省燃費及びCO2削減

    ノースパワー社は、特定の航路での航行や、気象海象の状態での燃料節約量を推定できるシミュレーション・ケーススタディを用意しています。ROTOR SAILによる経済効果にご興味のある方は是非pbcf@motech.co.jpへご連絡ください。

    ROTOR SAIL搭載によって環境を変えられるのか

    船舶運航によるCO2排出量を、2050年までに50%削減するというIMOが定めた目標を達成するには、様々な技術と解決策を用いて船舶のエネルギー効率を向上させること、再生可能エネルギーのシェアを高めることが求められます。

    ROTOR SAIL搭載による全外航船舶のCO2排出削減量はノースパワー社の試算によると、国際海運全体の排出量から8,200万トン(8%)減らすことが可能です。また、ROTOR SAILを製造するにあたって発生するCO2は、ROTOR SAIL搭載での運航2~4ヵ月で回収できます。ROTOR SAILは設計上約20年間使用可能であり、この間CO2削減に対して非常に有効な製品となっています。

    幅広い対象船にて効果を発揮します

    既存設備の効率化や新たな省エネ装置搭載によって、全ての船が環境への負荷を低減させることできます。多くの省エネ装置の中でも、ROTOR SAILはメンテナンスの頻度が低く、運用も遠隔監視装置によって完全に自動で行われるため、乗組員の負担は最小限に抑えられます。また、万一の際にはノースパワー社によるサポートを受けることも可能です。

    ROTOR SAILは多くの船にとって環境的、経済的効果が期待でき、持続可能な未来への1つの解決策として地球環境保全に貢献します。

     

    貴社の船舶がどれほどの燃料消費を抑えることができるかご関心がありましたら当社へご連絡ください。また、ノースパワー社のホームページhttps://www.norsepower.com/に詳細情報が記載されていますので、是非一度訪れてみてください。

     

    当社は、貴社の船舶運航を支援できることを楽しみにお待ちしております。

     

    コラム一覧へ戻る